ふしみスタイル
東伏見から発信するサッカー中心の生活日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
250の判断と40の笛
2010年4月27日(火)

FC東京サポーターで記者顔負けの記事を書くと評判のうまねんblogを見ていたらこんな本を紹介していた。
審判100427
どんな内容かなと興味を持ちつつも、審判入門とか書いてあるのでつまらなかったら嫌だなと思って買わずに図書館で予約をした。そしたらすぐ借りることができた。

字は大きいし行間も広いからすぐ読める。
内容はというと…、いやー面白かった!
詳細の解説はうまねんblogさんに譲るが、結構最近の問題になった事例を生々しくいくつも選び出して、明確にコメントがしてある。「へえ~」って思わせることがいくつもある。レフェリーの普段の生活や、1試合あたりの報酬など知らないことも盛りだくさん。

Jリーグの主審になると、1試合に約250回の判断を行い、約40回、笛を吹いているそうだ。
そりゃ多少の誤審はあるよ。
なのに目くじら立ててバカみたいにほざいている選手がいたりする。しかも草サッカーの社会人が。「おまえはプロか!」と。そういう奴らに限って審判もロクにできない。
サポーターしかり。なにが「くそレフェリー」だ。お前らのサッカーを観る目がくそなんでは?って思ってしまう(だんだん過激になってきたw)。

ファウルの笛を吹いたとき、選手が不満の感情を表す時が多々あるが、Jリーグの審判委員会では「ファーストリアクションは受け入れよう」と指導しているらしい。あまりにも過激なリアクションだったら当然イエローの対象になるんだけど、そういう人間的な許容が無いと審判にはなれないらしい(だから俺はだめだったんだ…)。

Jの笛を吹く人達はみんなすごい難関を突破してきたエリート達だ。本当にすごいレベルだと思う。
3級のくそ審判から見ると、1級の人たち(2級もだけど)は遥か彼方の存在なのです。
それを知っていたら試合ではなかなか文句言えないですよ、ほんと。
その国のサッカーのレベルに合った審判が存在するんだと思います。

サッカーをもっと深く楽しむなら審判のことをもっとよく知った方が良い!ってそんなことを思わせてくれたこの本。良い本を紹介して頂きました。ありがとうございました!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昨日は大変お疲れさまでした。
自分はとにかく日焼けダメージが甚大で、今日はもうグダグダでした…

自分も今年からハンドの審判をやる事になり、既に数回吹きましたが…プレーするのと笛吹くのとって、連動しているようで全く別の種目のような気がします。
まあでも簡単に言えば主観と客観の違いなのでしょうが、見える範囲も見るスタンスも全く異なる事が、とっても新鮮です。
審判やるようになって、プレーする側になった時の影響としては…
・過激なプレーはしなくなった
・審判の好みを把握出来るようになった
・セルフジャッジをするようになってしまった(笑)
・審判ダマせるようになった(笑)
という産物,副産物を得る事が出来ました。

プレーヤーは全員審判資格を取るべきです。特にアマチュアは。
あとついでにサポーターも!見るのも絶対楽しくなりますよね!
2010/05/04(火) 20:25:51 | URL | けんぴ #-[ 編集]
先日はお疲れ様でした!私も日焼けが大変でT師匠直伝のマキロンを吹きかけまくりでした。(笑)

おっしゃる通りです。審判をしていると得られることが沢山あります(嫌な気持ちになることもありますが…)。

ハンドもそうなのかもしれないけど、ややラフな部分があるのがサッカーのジャッジなので、審判の役割や特徴を理解しているのとしていないのとでは楽しみ方も違ってきますよね。
2010/05/05(水) 19:20:33 | URL | ふしスタ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://malukei13.blog110.fc2.com/tb.php/290-7ed28104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。